Civic PWR

相原りんこ

Team RINKO

憲法を活かす湘南の会

神奈川の民主主義を取り戻す地下会議

Email: rinkoaihara@gmail.com

Phone: 0466-77-0215

Fax: 050-3588-0569

© 2019 by Team RINKO ♯103 1-12-17-10F Katasekaigan Fujisawa-shi Kanagawa,JAPAN

​知ることも選ぶこともできない​食べ物

​遺伝子組み換え食品 ゲノム編集食品

​異常な農薬基準緩和 

​非表示で流通

日米FTAで農産物・畜産物の関税が大幅に引き下げられることが決まりました。

安い輸入品と高くても安心の国産品、消費者が自由に選べばいいと普通は思います。

しかし、日米FTAの条文にはゲノム編集農産物強制とあります。

農薬基準緩和との強制もあります。

表示はありません、選択の自由はどこにもないのです。

産地表示もできません

非関税障壁に当たるということで、私たちは世界中で忌避されている毒を避けることもできず、モルモットにされることが決まりました。

遺伝子組み換え食品も同様、従来の「遺伝子組み換えでない」という子供騙しの、それでも気休めにはなっていた表示までもが消されていきます。

発達障害だけでなく脳神経への悪影響も報告されており、既に世界中で売れなくなった遺伝子組み換え食品。

発癌性の酵素を使用するゲノム編集食品。

枯葉剤に使われていた成分の除草剤。

農薬の残留基準値に関しては、2017年末にこっそり400倍!も緩和されたところに加え更なる緩和の強制。

国が私たちの命や健康に無関心であること、或いは人体実験場として日本を売り飛ばしたことは明白です。

​この不条理に、黙って従うことはしない。

​私たちは襲いかかってくる不条理に

NO!という権利を守らねばならない

​改憲断固阻止

人権・主権・平和主義を否定するだけにとどまらず、思想信条の自由や表現の自由までをも弾圧しようとする自民党改憲草案。

公益、すなわち多国籍企業の利益に反することは抑え込まれる社会が目の前まで迫っています。

毒を食べさせられても「NO!」と言うことが許されない、そんな世の中にしてはいけない。

今、すべきこと。

​それは「安倍政権での改憲阻止」のみです。

 

Our Mission

既に言論弾圧は始まっています。

芸文振の助成金交付に「公益性」が付与され、明らかに表現者を萎縮させる動きが始まりました。

事態は思っていた以上に深刻です、どんなことをしてでも早急に行動を起こさねばなりません。

​クラウドファンディングが潰されたため、こちらからご参加・ご協力をお願いいたします。

We Need Your Support Today!